2017年11月30日の午前10時半頃、長井葉山の白兎登山口の傍にある葉山森林公園から300mほど離れた場所で、60代男性がクマに襲われて怪我を負ったと消防に通報がありました。
男性は1人で狩猟していたところ、体長およそ1.5mのクマと鉢合わせて顔や腕を噛まれましたが、意識はあるとのこと。
山形県警では現場付近の立入りを規制するとともに、注意を呼びかけていると報道されています。


先日、今年はブナの実が大凶作との報道がありました。ブナの実の凶作と今回の事案との関連性は不明ですが、現時点ではこの付近への入山は避け、今後のこの熊の動向を報道などで注視した上で入山を判断すべきと思われます。


クマの生態を知って不要な接触を避けたいものです。

IFrame


熊が人を襲うとき
米田 一彦
つり人社
2017-04-24






万が一の遭遇に対応策を講じましょう。

IFrame







以上