石筵川に続いてまた安達太良山方面へ行きたくなったので、今度は安達太良山東側の湯川を遡行しました。

【参加者】単独
【山行形態】沢登り
【山域】安達太良山
【地形図】安達太良山
【天候】快晴
【行程】塩沢スキー場7:04-三階滝8:20~9:15-八幡滝9:29-中の滝10:16-霧降の滝10:25-中の滝10:35-八幡滝11:05-塩沢スキー場11:53

朝7時過ぎに塩沢スキー場から出発します。
P1220216

安達太良山のくろがね小屋方面へと続く登山道と湯川が交差するところから入渓します。
P1220222

最初の5m滝は右岸から登りました。
P1220230

三階滝に到着です。この滝は10mほどの滝が3段続いており、まさに三階滝。
ゆっくりと休憩を取っていたら1時間近く経過していました。反省です。
下段は右岸側の巻道から通過。
P1220243

中段の滝。左岸側(写真右側)に取り付いてみましたが、落ちるとヤバそうなので途中で降りて巻道から通過。
P1220250

上段の滝。こちらも巻道を利用しました。
P1220254

三階滝の右岸(左壁)にはしっかりとした巻道があります。下の写真のハシゴは下段の滝からの巻道についています。
P1220244

三階滝を過ぎると、小さな滝が出てきて楽しめます。
P1220262

屏風岩付近の2段滝。下段2m、上段8mくらいかな。左岸(写真右側)から通過。
P1220271

八幡滝に到着。幅広の階段状の滝の右岸側を流れています。左岸側(写真右側)から容易に登れます。
P1220275

中の滝は斜面状の長い滝になっています。スリップすると下まで滑落しそう。
P1220277

霧降の滝に到着。ここで遡行を終了して八幡滝を横断する登山道から下山します。
中の滝を下っている途中にスリップしてしまい、ヒヤッとしました。
P1220292

八幡滝からは登山道を利用しました。沢登りの下山に使える登山道って、沢沿いのトラバースが多いので意外に注意が必要な場合があるんですよね。
P1220299

屏風岩からは2段滝が見えました。沢の遡行中には屏風岩に気づきませんでした。
P1220300

湯川はフェルトソールがよろしいかと思います。

以上