山の麓から ~山の備忘録と山形の登山情報~

山の備忘録と長井市を中心とした山形県の登山情報です。

カテゴリ: クマ

1.【10月1日(火) 飯豊町萩生】▲遭難者:飯豊町 71歳▲入山形態:採取、複数▲遭難原因:道迷い▲遭難者の状況:無事▲遭難覚知日時:10月1日(火) 午後1時5分頃▲対応日時:同日 午後4時25分頃 長井警察署員による発見2.【10月3日(木) 小国町樋ノ沢】▲遭難者:小国町 59歳▲ ...

最近、山形県内でクマの目撃情報が相次いでいます。 クマの目撃情報を確認する方法として、市町村の公表する情報や新聞紙面があります。その他に、山形県ではみどり自然課が把握している目撃情報を公表しています。 ...

山形県内にはツキノワグマが数多く生息しています。春になり、そろそろ冬眠から目覚めるクマもいるかな、と思っていたところ、2018年3月9日に大石田町でクマが目撃されたとの報道がありました。クマの襲撃による怪我は顔面や頭部に負うことが多いと言われています。実際にどのような外傷を負うのか調べてみたところ、想像していなかったほど悲惨な結果でした。 ...

11月30日に発生したクマの人身事故を受け、12月1日に県猟友会西おきたま支部長井分会と白鷹分会で、クマの巻狩り(複数人で囲い追い込む猟法)を実施し、体長1.5m体重およそ150kgの雄クマを1頭駆除したと報道されましたが、人身事故のクマではないとのこと。 この雄クマの他にも、現場付近では別のクマも目撃されており、5頭以上いるとも報じられています。 ...

11月30日に発生したクマの人身事故の発生場所は、白兎登山口がある葉山森林公園から、北東へおよそ350m離れた長井市と白鷹町の境界付近と報道されました。また、この事故を受け12月1日に県猟友会西おきたま支部長井分会と白鷹分会で、クマの巻狩り(複数人で囲い追い込む猟法) ...

2017年11月30日の午前10時半頃、長井葉山の白兎登山口の傍にある葉山森林公園から300mほど離れた場所で、60代男性がクマに襲われて怪我を負ったと消防に通報がありました。 男性は1人で狩猟していたところ、体長およそ1.5mのクマと鉢合わせて顔や腕を噛まれましたが、意識はあるとのこと。 山形県警では現場付近の立入りを規制するとともに、注意を呼びかけていると報道されています。 ...

↑このページのトップヘ